スパテック株式会社

温泉設備設計管理・水質・衛生管理や温泉ガス・スケール・浴室安全対策ならスパテック株式会社

文字サイズ

製品・サービス

施工例

そのほか取り扱い品

会社案内

HOME»  ろ過機メンテナンス

ろ過機メンテナンス

ろ過材・ろ過機部品

 

温泉設備の修理やメンテナンス、ろ過材の交換をお任せください。

温泉の性格を見抜いた専門家が的を射た修理をします。
「機材をいかに長持ちさせるか」の観点で取り組みますので、
メーカーや設備屋さんの提案とは異なる視点で問題解決にご協力いたします。

 

ろ過機メンテナンス例  スケールにより硬化したろ過材除去・濾材交換施工

スケールで硬化したろ過材の交換①

 

スケールで硬化したろ過材の交換②

 

■ろ過材が硬化してしまった場合、当然ろ過効果ははなく、レジオネラ属菌の温床になります。

スケールで硬化したろ過材の交換③

 

スケールで硬化したろ過材の交換④

 

こちらの施設では超鋼カッターでも歯が立たず、ろ過機の交換を考えていたところ
 当社洗浄剤での除去を提案・施工となりました。

 

スケールで硬化したろ過材の交換⑤

 

スケールで硬化したろ過材の交換⑥

 

スケール洗浄剤で塊の表面部を溶かし、ほぐれるのを待って残骸を取り出します。

 

スケールで硬化したろ過材の交換⑦

 

スケールで硬化したろ過材の交換⑧

 

ろ過機の内壁にこびりついたスケールもきれいに取れました。
(集水ノズルは傷んだので取り替えました:グレー色の部分)
 新しいろ過材を装填して作業終了。ろ過機交換もなくなり大変お喜び頂けました。

 

ろ過機のメンテナンス なぜ殺菌洗浄が必要なのか?

循環回路(配管・ろ過材)に蓄積したスライム・スラッジ・スケールは細菌類が隠れ住む
温床となり、除菌剤の効果を妨げる要因となり、特にろ過機は最高の隠れ家と言えます。

或は、バイオフィルム(微生物膜)が生成されるとアメーバーの繁殖を促し、その体内を

餌にレジオネラ属菌が約1000倍に増殖して放出されます

また、殺菌剤を注入してもレジオネラ属菌が検出される大きな原因のひとつとして、

スライム・スラッジ・スケール・バイオフィルムや温泉のアルカリ度・水質等に除菌効果を奪われている場合があります。

殺菌対象であるレジオネラ属菌の特性を把握し、適切な処置を行えば

除菌効果は飛躍的に向上し、衛生面のリスクを低下させます。

なお、ろ過機は定期的に洗浄する(入浴客2~3万人毎/バイオフィルムが蓄積する時点)

必要があり、都道府県の条例で定められているのがほとんどです。

レジオネラ属菌について>>

 

ろ過材洗浄によるコスト削減例

■ろ過材交換の頻度が極端に減ります。

   定期的に洗浄していると、ろ過材が常にリニューアルされ毎年交換する

   必要がなくなります。

   但し、上層部30cmから50cmは年に1回交換します。

   例えば、シリカサンドですと4から8袋(@4,000前後/袋)を仕入れ

   自分で交換することもできます。
   ※ご自身で行われる場合、ご相談頂ければろ過機の種類・サイズ等に合った
    交換方法をご案内します。

 

ろ過機 ランニングコスト削減表

 

ろ過機メンテナンス例②  ろ過機本体の錆びを除去・ろ過材交換によるレジオネラ属菌対策

ろ過機本体が錆びているろ過材交換①

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換②

 

鋼鉄製やステンレス製のろ過機は、次亜塩素酸ナトリウムの影響でサビが発生します。

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換③

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換④

 

左:ケレンとサビ取り剤でサビを落します。
右:サビ止め剤とウレタン樹脂を塗ります。(鋼鉄部分のみ)

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換⑤

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換⑥

 

左:ケレンとサビ取り剤でサビを落します。
右:サビ止め剤とウレタン樹脂を塗ります。(鋼鉄部分のみ)

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換⑦

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換⑧

 

左:集水ノズル(乳頭状)が隠れるまで、支持砂利(大粒)を少しづつそっと入れます。
(上から一気に落としこむと、集水ノズルが壊れ浴槽に砂が流れます)
右:支持砂利(中粒)を入れます。

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換⑨

 

ろ過機本体が錆びているろ過材交換⑩

 

左:さらに支持砂利(小粒)を入れ、その上にろ過砂の荒目を乗せます。
右:最後にろ過砂の細目(シリカサンド)を入れ終了です。

 

 

温泉の設備設計や管理メンテナンスの ことならスパテックにお任せください※メールでのお問合せをご希望の場合はバナーをクリック頂くと問い合わせ可能です